FAQ

01_全般

音声自動応答(IVR)とは、電話窓口で音声の自動応答を実現するシステムです。

代表的な使い方としては、「企業の代表電話に着信した際に通話を担当者振り分ける」、「宅配便の再配達」等があります。

ECTIでは前者の、着信した電話を振り分ける機能を非常に簡単に作ることができ、業務の効率化のお手伝いを致します。

ECTIとはセールスフォースの画面に電話の機能を追加するためのプラグインです。

IVRを利用しメニューを作ることで、お問い合わせセンターを簡単に構築することができます。

IVRを使わずに利用することも可能です。

電話番号はTwilioを通じて取得でき、主に050・0800・0120番号がご利用いただけます。
海外の番号も取得できるため、海外向けのお問い合わせセンターにも対応できます。

下記のブログのとおり、2018年4月21日から録音に料金取得に課金が行われるようになりました。
Call Recording 課金開始について(2018/4/21から)

料金テーブル(外部サイト)ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

02_使い始めるには

ECTIおよび、ECTIに関するSalesforceの設定が終わっていることが前提になります。

  1. まずご自身のSalesforceにログインします。
  2. 左・もしくは右下にECTIのログイン画面が表示されます。
  3. ECTIのログイン情報でログインします。

ECTIの利用料金は「その月の最大アカウント数」に応じて課金されます。

ECTIのお支払いについては月末締め翌月15日支払いとなります。

Twilioのサイトにて以下の作業をお願いします。

  • Twilioにサインアップ
  • アカウントをアップグレード(クレジットカードで入金、2000円から, JCB,Amex利用不可)
  • 電話番号の取得
  • APIクレデンシャルの取得(AccountSID・AuthToken)

電話番号とAPIクレデンシャルをお知らせ下さい。

セールスフォースは以下のサービスがご利用いただけます。

セールスフォールに必要な設定は別途お知らせ致します。

権限の設定が別途必要になる場合がございます。

Lightning利用時

左上のランチャーをクリックし、出てきた画面にあるECTIを選択します。

次の画面に遷移します。もしダイヤルパッドが出ていない場合は、右下の「電話」をクリックします。

SalesforceClassic利用時

左上のランチャーをクリックし、ECTIをリストから選択します。

次の画面に遷移します。もしダイヤルパッドが出ていない場合は、右下の「電話」をクリックします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

03_各種仕様・推奨一覧

ブラウザー用 Twilio クライアント (WebRTC)

Twilio クライアント version 1.3 以上と WebRTC をサポートするブラウザーを使用する必要があります。

ポート要件

WebRTC を使用するには、次のポートがブロックされていないことを確認してください。

**TCP:** port 80 および 443

**UDP:** すべてのポートが開いていること

帯域幅要件

**アップロード:** 8 KB/秒

**ダウンロード: ** 8 KB/秒

Twilio クライアント for Android

ポート要件

**TCP:** 10194 および 443
**UDP:** 4000 から 5000 までのすべてのポート

帯域幅要件

**アップロード: ** 6 KB/秒

**ダウンロード: ** 6 KB/秒

Twilio クライアント for iOS

ポート要件

**TCP:** 10194 および 443

**UDP:** 4000 から 5000 までのすべてのポート

帯域幅要件

**アップロード: ** 6 KB/秒

**ダウンロード: ** 6 KB/秒

04_トラブルシュート

99_用語集

Copyright 2018 ECTI Official Site